借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


来月(2017年10月)以降の職がない

f:id:live_ly:20171123175916j:plain
来月(2017年10月)以降の職がない

2017年9月はフリーランスのエンジニアとして職があったのですが、契約が切れてしまい、来月以降の職がないという事態になってしまいました。

正直まずい状態です。
このまま、今月に職が見つからないと、なんだかんだ言って、借金が今月でおそらく130万円を超えてしまうという状況になると思います。
もし、契約が伸びて2017年10月も働くことができていたら、いくらか借金を返せていたのですが、それも叶いそうにありません。

もし、今月中に職が見つからなければ、ひとまず、日雇いのバイトをしながら来月は職を探そうと思っています。

職をさがすのにもスーツがない

しかし、この職探し、一つ大問題があります。

それは、スーツがないということです。お金もないので、若干服を買いに行く服がない状態に近いものがあります。
一応、持って入るのですが、そのスーツ、股の部分に穴があいてしまっていて、とても職探しに使えるものではなくなってしまいました。
股を縫うにも結構な穴で、どうにもならない感じです。

職探しをするには、スーツは必要でその費用もまた借金をするとなると非常に厳しいです。
また、体型が標準的であれば、合うスーツを安く買う為に色々探すことができるのですが、体重が僕の場合、標準的ではありません。
体型にあうスーツ買うのには、この点でも費用が高くつくと思います。

双極性障害でさへなければ

辛い状況になればなるほど、もし双極性障害という病を患っていなければ、新卒で就職した会社を長く続けていたかもしれませんし、この歳になって職を探すということはなかったのかもしれないと考えてしまいます。

だけど、そんなことを考えていても仕方ありません。

誰も頼ることはできないし、こんな状況ですが、このブログを始めた理由というのは、双極性障害になっても借金を背負っても、そんなものきっと乗り越えられるし、そんな記録を最終的に残したいと思ったからです。

僕は、閉鎖病棟(隔離室)に入院をしたこともありますし、ひどい鬱担ったことも躁になったこともあります。
また、病状は幻聴や妄想などの精神病エピソードもありました。

そんな状況に陥った僕でも、色々なものを乗りきれる、そんな記録をつけたいと思いブログを始めました。

きっと色々なこと全部克服できる

ブログをやっていると逆境があればあるほど、きっとそれを乗り越えた先にはいい記録を書いたブログになるぞという気力が湧いてきます。
正直、借金が増えれば増えるほど、怖いのですが、まずは安定した職を見つけ、必ずこの逆境を乗り越えてやると思っています。

日雇いだと時給1000円でも1日7000円〜8000円にしかならないのですが、それをやりつつ、コールセンターや家電量販店でのアルバイトなど少しでも時給の高い職を探すかもしれません。

一応、次の職探しをしてくれてる会社にも登録しています。

このブログは、自分のダメなところも厳しいところも色々綴っています。

本当に逆境を乗りきれるとは限らないし、この先の僕の人生がどうなるかはわかりませんが、乗り越えることができれば、きっと後に続く人にとって励みになるものが出来上がると思って、毎日少しでも前向きに頑張ります。