借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


精神疾患を患っている人は、食欲抑制剤 リデュースを飲むのはやめよう

精神疾患を患っている人は、食欲抑制剤 リデュースを飲むのはやめよう
精神疾患を患っている人は、食欲抑制剤 リデュースを飲むのはやめよう

www.soukyoku.xyz

食欲抑制剤 リデュースでダイエットをしていた。

以前のブログで紹介したのですが、食欲抑制剤 リデュースという薬を使用してダイエットをしていました。

リデュースは、リダクティルと同じ成分から構成されるジェネリック品で、原発性高血圧のリスクが少ないことで知られており、食欲抑制剤としてかねてより注目されている薬剤です。
ジブトラミンの働きによってセロトニンの働きをコントロールすることで食欲が抑制され、ノルアドレナリンの働きに対して影響を及ぼすことで代謝を引き上げ、脂肪の燃焼を促します。
食欲抑制剤 リデュースの個人輸入|いろはウェブショップ

食欲抑制剤 リデュースは、脳内伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンに作用して、食欲を抑制しつつ代謝も上げることで、ダイエットを促す肥満治療薬です。

この薬でダイエットをしていたのですが、服用するのをやめました。

精神疾患を患っている人なら、抗精神薬で太るのを知っているはず

僕は、双極性障害という精神疾患を患っています。
精神疾患は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの脳内伝達物質の伝達異常が原因とも言われますが、その治療で抗精神薬を飲みます。

精神疾患の治療で使用する抗精神薬は、当然脳内伝達物質に作用するのか、異常に太る薬とかあります。
ジプレキサとか・・・。

僕も御多分に洩れず、ジプレキサで体重が異常に増えました。

www.soukyoku.xyz

抗精神薬と逆の作用をする薬を飲めば、食欲も減り痩せるのではと思ったわけです。

食欲抑制剤 リデュースを飲んだら、幻聴が聞こえるようになった

僕は、双極性障害なのですが、僕の病気の症状として幻聴があります。

ほぼほぼ仕事もすることが出来ていますし、病気の症状は抑えられていたのですが、食欲抑制剤 リデュースを飲んでいる期間、幻聴が聞こえてました。

幻聴って厄介なもので、聞こえている本人は、聞こえている幻聴を幻聴だと思っていないので、幻聴で聞こえている噂話などを現実と思って行動をすると働いている現場などで、色々と問題が出てきます。

今回は、職場で働いている中で、幻聴が聞こえてるなと気づいて、原因を色々考えて、食欲抑制剤 リデュースだということに気づきました。

食欲抑制剤 リデュースを止めて、普段通りにお薬を飲んで生活をしていると1週間くらいで幻聴も聞こえなくなりました。

抗精神薬と逆の効果のある薬を飲めば、精神疾患を患っている人はおかしくもなるのか...

抗精神薬がどのように作用するのかよくわかっていませんが、抗精神薬を飲むと太るのは事実だと思います。

それと逆の効能のある薬を飲むと脳が弱い精神疾患を患っている僕の場合、病状が悪化するのも当然なのかなとよく考えると思います。

全ての精神疾患を患っている人が僕と同じように病状が悪化すると思いませんが、同じように肥満で悩んでいて食欲抑制剤 リデュースを試そうかなと思っている方は、注意してください。