借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


今回のダイエットはリデュース(食欲抑制剤)を使用してみる。

f:id:live_ly:20171123181329j:plain
今回のダイエットはリデュース(食欲抑制剤)を使用してみる。

www.soukyoku.xyz

前回の記事でダイエットをしているけど、まだ痩せないということを書きました。
そこで、ダイエットを成功させるために考えていることがあります。

そうだリデュース(食欲抑制剤)を使おう

ジプレキサを飲んでいる時は薬により異様な過食に陥りました。
だったら今度は、薬を使用して食欲を抑えることが出来ないかと。

以前、そんなことを調べているとある薬を見つけました。

その薬は、リデュース(食欲抑制剤)というお薬。

www.168webshop.org

リデュース(食欲抑制剤)の作用機序は?

リデュースは脳神経に作用して、セロトニンやノルアドレナリンの働きを調整することで食欲を抑える薬です。
主成分は塩酸シブトラミンを使っています。ダイエット期間中の過食を防ぐために使われる食欲抑制剤で、高度肥満症患者の減量治療の際の補助薬と位置付けられています。
リデュースってなに?>食欲を抑える(ちょっと危ない)痩せる薬

このリデュースというお薬は、セロトニンやノルアドレナリンの働きを調整することで食欲を抑えるそうです。

精神を患っている人なら大抵知っている、モノアミン仮説とかで出てくるセロトニンやノルアドレナリンを調整することにより食欲を抑えるそうです。

僕自身もジプレキサを飲んだり、抗精神薬を飲んで過食になる時は、セロトニンやドーパミンとかの神経伝達物質を調整しているわけですが、その薬によって過食になったというのは事実だと思います。

この薬は、逆にセロトニンやノルアドレナリンを調整することで食欲を制限するそうです。

リデュース(食欲抑制剤)を飲むと食欲がなくなる

僕の場合、精神を患っていて、日々薬で神経伝達物質を調整しているため、こんな薬を飲んで良いのかわかりませんが、以前興味を持ちこのお薬を買いました。
まだ、怖くて飲んでいなかったのですが、やっぱり最近食欲が抑えられないということで、今日お昼前に1錠飲んでみました。

お昼寝をして起きたのですが、確かに、ちょっと食欲がなくなった気がします。

抗精神薬で脳の神経伝達物質を調整している奴が、ダイエットのためにまた、他の神経伝達物質を調整する飲んで良いのかという話なのですが、今回は人柱としてダイエットのためにちょっと試してみようと思います。

これでダイエットが成功したら、このお薬効果あるということなのかもしれません。
当然、精神の病気に悪影響がないか、僕の場合はどうだったかについても今後まとめていければと思っています。