借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


最近、少し過眠傾向です。

f:id:live_ly:20171123180240j:plain
最近、少し過眠傾向です。

今月(2017年9月)は、職があり仕事をしていたのですが、正直同僚の方のあたりが強く、すごく不安感を感じながら仕事をしています。

現在の病状

クエチアピン(セロクエル)を飲むと少し、不安感が取れるような気がして、クエチアピン(セロクエル)の飲む量を1日200mgから増やして、400〜500mg飲むという生活をしていました。

鎮静されているのか、朝がとにかく眠く、電車ないで立ちながら寝てしまったり(カクッてなって目が覚めます)、仕事中も午前中はすごい眠いという状況が続いていました。

休みの日などは、午前中の朝会社にいく時間と同じくらいの時刻に目が覚めるのですが、その後、何度も寝てしまうという状況でした。

来月は、今の職場で働くことはないので、また、クエチアピン(セロクエル)の量を減らそうと思っているのですが、双極性障害などの精神疾患を患っている人は、どうしても薬に生活を影響されてしまいますよね。

僕の場合、抗精神薬は、リスパダールとクエチアピン(セロクエル)を飲んでいるのですが、リスパダールを多めに飲むとアカシジアとなぜか幻聴が聞こえてきます。
今回のようにクエチアピン(セロクエル)を多めに飲むとちょっと鎮静されるようです。

だけど、このリスパダールとクエチアピン(セロクエル)の合わせ技でなぜか、幻聴がなくなり、妄想も無くなります。

薬がないと普通の生活を送ることはできないのですが、薬に生活が翻弄されるというのもなかなか皮肉だなと感じます。

過眠傾向ですが気にしないことにします

休みの日にたくさん寝ると、折角の休みがもったいないと感じるのですが、同時に目が覚めた時にすっきりしているので、心地よくもあります。

精神状態自体は、比較的落ちつているので、あんまり過敏にならず、今日は眠いな、たくさん寝てすっきりしたくらいに思って生活していくのがいいんでしょうね。

薬にある程度生活が翻弄されるのはこの病気である以上仕方ないと思うので。