借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


人生が上手くいかないなら、生き方や考え方を変えちゃう方が上手く行ったりする

f:id:live_ly:20180413120716j:plain
人生が上手くいかないなら、生き方や考え方を変えちゃう方が楽だったりする

人生うまくいかないなとか、鬱が解消されないとか死にたいと毎日思ったりとかこのブログは、精神病者が書いているので読む方が多いかもしれません。

実際に昔、鬱でひどかった頃には、僕は思考が回らないくらいで、寝れんし、胸は苦しいし、電車で酷い不安に襲われたりパニック障害までかよとか何とか酷い時期もあったのですが、なんとか最近は、生活が安定してきています。それでも病院もいかず、働き続けてたw。

その頃は、ゼロサム思考もしっかりしてたし、こうなければならないとか、レールから外れてはならないと大したレールに乗っていたわけではないのに思っていました。
だけど、薬もあって、病気が安定しているからなのか、年もとってそんな考えになったのかわかりませんが、そういう思考になることはありません。


今日は、鬱など人生が上手くいかない人に、考え方を変えたり、生き方を変えることも大切だよということを記事にしようと思います。

同じ考え方で同じ生き方をしていても結果は同じ

実際には、年齢を重ねることで色々状況が変わるので年功序列だったりすれば、出世することもあるだろうし、月日を過ごすことで変わることって色々とあります。
僕は、システムの仕事ををしているのですが、だけど、プログラムというものは、同じロジック(生き方や考え方)に同じものを代入していても基本しっかりと同じ結果を出します。
※まぁ、32ビットじゃ、2038年1月何日か行こうUnixタイムスタンプオーバーフローして日付ちゃんと計算しないよとか僕の知らないことがいっぱいあるんだろうけど。

人間の人生には運とか色々絡みますが、人間もおんなじで、同じ考え方で同じ生き方をしていたら結果は同じ様になることの方が多いのないじゃないだろうかと思います。
僕は、双極性障害で一卵性双生児の一致率は80%(同じ設計図)ということなので、どんな考え方をしていてどんな生き方をしていても、おんなじ病気になったのかもしれませんが、それでも、今、病気を抱えて生きていくとしても、考え方や生き方を変えることでより良い人生を送ることは可能だと思っています。

プログラムを書いてもわからないと思うので数学で。
x=2、y=4だったら、何度計算し直しても、x + y = 6 なんで、いくらそれを繰り返しても人生(答え)変わらないと思うんです。

答えの6は何でも良いのですが、そのループを繰り返している人って結構多いのではないかと思っています。

まぁ、同じ計算してもも疲れるので、その計算やめるのに休んだりするのも大切だと思います。同時に考え方や生き方を変えることも大切だと思うんです。

精神科医者のやるのは基本的に新しい変数を追加すること

精神科の先生のやることは、基本的にzという抗うつ剤を追加したりして、x + y + z =100 にしてやる治療なのかなと思っています。
まぁ、実際に入院したり色々な治療をして100になることもあるのですが、結局、同じ考え方や同じ生き方をしていても薬をやめたり、元の生活に戻るとまた、元の鬱に逆戻りなんてこともあるんじゃないかと思います。
僕は、病気の精神科の治療ってそれだけだと限界もあるのではないかと思っています。

マライア・キャリーが双極性障害だと受け入れられなかったと言ってましたが、僕は、社会的に失墜したとか受け入れられない現実があったりすると結構、過激な行動をとっていました。

夏場のクソ暑いときに肉体労働をやってた

実際に、精神病になって仕事もない金もないとなると社会的に失墜しているのですが、なかなか現実として受け入れられないものです。
受け入れるというのは、その現実をしっかりと理解して、その状況なりの生き方を模索する所から始めるという意味で。

そんなとき、僕は夏場のクソ暑いときに倉庫で肉体労働をやったりしていました。水などの飲料水を歩いて回ってピッキングする仕事です。
クソ暑い倉庫で歩き回って10kg以上はある飲料水のピッキングをやってました。他の現場とかにも行ったりしたことがあったのですが、筋肉痛になるくらい筋肉使って、あれだけ歩くと気持ちがいいというのがあって、やっていました。

その中で、一番よかったなと思うのは、その現場で働いている人は本当に変な欲のない人が多かったことです。
社会で働いていると出世欲とか色々とありますが、欲がない人との休憩時間とかは、家に引き困りがちの僕にとって良い交流になりました。

ループを繰り返すことは無駄なこと

システム関連の仕事じゃない人も無限ループという言葉を使いますが、システム的にいうと本当に無限ループしてるなら基本バグです。
プログラムだと修正しないといけません。
結構、うつとかで同じ思考・考え方でx + y = 6を繰り返し続ける人が多いと思いますが、それって結構無駄なことです。


鬱だったりしたら、休むこともとても大切ですが、少し動けそうだったら、たまには散歩をしたり、いつもと違うこと(if文を追加して、新しい値を代入したり、新しい変数を追加してみたり)をしてみることって結構大切だと思います。ちょっと前だったら、一人で酒ビン持ってお花見するとかw。

そう言った所でも結構、新しい発見だったり、出会いがあったり、自分に新しい考え方を与えてくれるヒントというのがある可能性もあるのでないのかと思います。

人間は毎日違うことを考えて、違うことしている

毎日人間だから違うことを考えたりしているわけですが、人間考え方やそのロジックってなかなか変わらなかったり、なぜか、最終的に特定の処理で終了したり。
プログラムでいうと、なぜかどの処理でも特定のメソッド(処理)最後に呼ぶみたいなw。
x=2、y=4だったら、何度計算し直しても、x + y = 6 だったものが、x=2、Z=4にして、何度計算し直しても、x + Z = 6にしているだけだったり。

人間、違う情報を取り入れているつもりでも、自分の好きなものや同じ考え方だけ取捨選択して新しい考え方を学んでいるつもり(代入しているだけ)だったりするものです。
受け入れられるものだけを選択するというか。
誤ったことを取り入れても仕方ないですがも...

うつの人は、死にたいのメソッド(処理)呼びますが、僕の場合、少し動けるくらいの体調なら、それ死にたいメソッドを呼ぶくらいなら肉体労働していた方が日々充実していました。変なこと何も考えなくなるし、そこで実直に働く人とかを見て自分にはない価値観を色々感じました。昔は失業して肉体労働すると、すごく惨めで情けなくなったりしたこともあったりしたのですが、それは、その頃はまだ、その現実をしっかりと理解して、その状況なりの生き方を模索する所から始める準備ができてなかったのかなと今は思います。

そんな僕は今、完全には無理なんだけど、特定の場所のロジックなら、同じループを繰り返すのならいっそ新しく作り変えちゃうのが楽だよって思います。

育ちだったり環境は人それぞれだし、ロジックも人それぞれだが、きっと作り変えられる

育ちや今おかれている環境は人それぞれですが、世界中にこれだけ人口がいるわけだから、僕程度の境遇なんて克服しちゃってる人たくさんいるのだと思います。経済的とかそういう物差しだけでなく、生きることへの満足度とか色々な尺度で。

いっそ、同じ環境、同じ境遇、同じ考え方で生きていくなら、色々なことを変化させてロジックを作り直しちゃう方が人生上手くいくこともあるのだと思います。

まぁ、こんな育ちなんだよとか色々とあると思うのですが、パーソナリティ障害も克服する人もいるでしょうし、人生過去のせいや人のせいにしたり、隔たったロジックを繰り返しているだけしているだけだと、そこでループ繰り返して人生あっという間に終わっちゃうと思います。

今日は、僕の住んでいる地域は晴天です。
ゆっくりして、お賃金も出たので、どっかへ遊びにでもいきましょうかねw?