借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


閉鎖病棟(隔離室)に入院した時の唯一の楽しみ

f:id:live_ly:20171123172432j:plain
閉鎖病棟に入院した時の唯一の楽しみ

www.soukyoku.xyz

僕には、閉鎖病棟に入院したことがあります。
その際に、唯一楽しみというのがありました。

閉鎖病棟では拘束されていた期間というのがあったのですが、最後の方は閉鎖病棟でも拘束はされておらず、自由に部屋の中をうろついてました。
その時、唯一、僕には楽しみがありました。

食事?

とか思うかもしれませんが、拘束をされていた時から、食事はできていたため、特に食事が唯一の楽しみというわけではありませんでした。

閉鎖病棟(隔離室)にいた時の楽しみとは?

僕の閉鎖病棟(隔離室)に入院していた時の唯一の楽しみ、それは、シャワーを浴びることでした。
千葉精神科医療センターでの閉鎖病棟は、10床あります。
病棟/千葉県精神科医療センター

閉鎖病棟(隔離室)は本当に牢屋のようなところで、檻に入れられている気分というのを味わうことができます。
あまり、部屋の詳細を覚えていないのですが、看護師さんが入る入り口と患者がいる部屋の間にオレンジ色の柵があり、その柵を開けて看護師さんが病室へ入ってきます。2つ扉を開けないと閉鎖病棟ないへは入ることも出ることもできません。
外の景色も見ることができず、ずーっと檻に入れられているとやることもなく、本当に外の世界に出たくなってきます。

閉鎖病棟にいた時の楽しみはシャワーを浴びること

そんな時、唯一その閉鎖病棟(隔離室)から出る方法がシャワーを浴びることでした。
シャワーを浴びる際には、その隔離室から出て、シャワーを浴びる部屋まで移動することができます。

もちろんシャワーを浴びることも嬉しかったのですが、それ以上に僕が閉鎖病棟内でシャワーを浴びることが嬉しかった理由は、そのシャワーを浴びる部屋から外の景色を見ることが出来たってことがあります。

閉鎖病棟(隔離室)にいる頃というのは、いつになったらここを出れるのかな、何ヶ月入院しないといけないのかななんて考えていました。
正直、外に出ることがもうできないんじゃないかなぐらいのことを思ってました。

シャワーを浴びるときには外の景色を見れる

そんな時に、シャワーを浴びて、幕張にあるイオンモールの景色を見るとすごい爽やかな気持ちになりました。
あんまり人が歩いているような場所ではないのですが、外で自由に歩いている人がとても羨ましく、同時にそのと青空を見ると病棟でのストレスが一気になくなるような感覚になって、閉鎖病棟(隔離室)にいる頃は、本当にこのシャワーを浴びる時間が嬉しくて仕方なかったです。

もしかしたら、同じように千葉精神科医療センターにの閉鎖病棟(隔離室)に入院したことのある経験がある人がいるかもしません。

そんな方は、もしかしたら、同じような思いを持っている人がいるんじゃないかと思います。

千葉精神科医療センターでは、携帯の持ち込みとかも厳しく制限されていたため、本当に毎日の楽しみというものが他の精神科の入院さきと比べて、少ないように感じます。
そんな中でも閉鎖病棟から出て、一般個室・4床室と移っていくと色々と楽しみも増えてきます。

www.soukyoku.xyz

その辺も色々とこの先書いていこうと思っています。