借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


中途覚醒する人はタバコをやめよう

f:id:live_ly:20171103105627p:plain
中途覚醒する人はタバコをやめよう


毎日のように中途覚醒していた

半年くらい前に仕事が忙しい時があり、その頃から毎日のように中途覚醒をしていました。ひどい時は、1日に4回も5回も中途覚醒をしてしまい、全然朝起きた時に熟睡感などがない日々が続いていました。
そんな僕が、ここ1週間くらい中途覚醒をすることが少なくなってきました。ちょっとした行動パターンを変えただけなのですが、効果がすごくありました。

中途覚醒した時の行動

今まで、中途覚醒をした時は、水分をとって、そのあとにタバコを吸うという行動を繰り返していました。一度、中途覚醒で目を覚ますと、タバコを3本とか4本吸うという行動をしていました。
中途覚醒した時にテレビをつけて、タバコを吸う、この行動を繰り返していると入眠しても1時間半ほどで目が覚めて、なんども中途覚醒をしてしまうという結果になりました。

今現在の中途覚醒した時と睡眠時の行動は?

最近、睡眠に当たっては、次のような行動をとっています。
①今までは、夜寝る前にお風呂に入らずに、シャワーで済ませてしまうということが多かったのですが、最近は寝る前にお風呂に入るようにしています。
②寝る前にタバコを吸わないようにする。
③中途覚醒時にタバコは吸わない、テレビもつけないし電気もつけない。

まだ、完全に中途覚醒をしなくなった訳ではないのですが、中途覚醒した時、睡眠前には、タバコを吸わないようにしています。
タバコは、結構睡眠に悪影響があるようです。

タバコの中に含まれるニコチンは、中枢神経や末梢神経、筋肉に広く作用します。脳では覚醒をもたらし、身体全体の血管を収縮させるため、血圧の上昇や脈が速くなるなどの変化を及ぼします。
ニコチンが体内で分解され、半減するまでには約2時間かかります。そのため、寝る2時間前にタバコを吸っても、ニコチンの半分は残っているため、寝つきが悪くなり、睡眠中に目が覚めやすくなってしまうのです。
タバコが睡眠の質を悪化させる原因と禁煙のメリットとは? | フミナーズ

また、お風呂についてですが、お風呂に入ると一時的に入浴で上がった体温が、お風呂から出たあとに体温が下がるので、これが、入眠に効果があるようです。

このタバコとお風呂に入るという行動に注意したら、睡眠の質が上がりました。

寝られないのならタバコをやめた方がよい

中途覚醒に苦しんでいたり、入眠ができなかったり、睡眠に悩みを持っている人は多いのだと思います。僕もそんな一人なのですが、睡眠に苦しんでいて、タバコを吸っている人は、なるべくタバコをやめた方が良いのだと思います。

だけど、そんな僕もタバコを吸うのですが、タバコをやめられるかというとなかなか今日からやめられる自信がありません。
そんな人にはぜひ、ニコチンが体内で半減するまで2時間かかるようなので、寝る○時間からは吸わない、中途覚醒をした時にはタバコを吸わないなどを実践してみるといいと思います。
人それぞれだと思いますが、寝る5時間前からタバコを吸わなかったら、普通に入眠できたなど人によって、睡眠に対してのベストな対応方法が見つかるんじゃないかって思います。

そんな僕は、セロクエルを寝る前に400mg飲んで、中途覚醒時にタバコを吸わないと熟睡できるということに気づくことができました。