借金持ち・双極性障害者の日記

借金が130万円程度ある双極性障害者でフリーランスエンジニアが病状を安定させ借金を返済させようとチャレンジしている日記です。


自己肯定感が低いのは、薬だけではどうにもならないと思う。

Twitterとかをやっているとよく、死にたいというツイートが流れてきます。

僕も、激しい鬱の時、もう辛い、どうにかならないものかと思っていました。

でも、不思議とそんなに激しく死にたいと思うことはありませんでしたし、実際に死のうとしたこともないし、人に死にたいと相談したこともありませんでした。
新卒で入社した会社では、かなり鬱で厳しかったのですが、3年弱勤め切りました。


僕は、そんなに健全な家庭で幼少期を送ったとも自分では思っていないのですが、双極性障害になった後、よく父に旅行に連れて行かれました。
→結構、無理やりな時も。

その時によくお酒を呑んだりして父に色々なことを相談したり、父に逆縁にならなければ、何しててもいいよというようなことを言われていました。

躁だったり、鬱だったりそんなことは関係なく父は接してくれて、旅行にも連れて行ってくれました。

そんなに健全な家庭で育ったと思っていない僕ですが、それでもそんなに今辛いことがあったりしても死にたいと思わない理由は、どんな状況でも肯定された経験があるからだと思っています。

鬱だから辛いし、死にたいと思うこともあるとは思うのですが、そう思いやすい人は自己肯定感が低いのだと思います。

これって、薬だけではどうしようもなくて、認知行動療法とかを受けないとどうしようもないのだと思っています。
あまり詳しくはないのですが、そんな人は、認知行動療法とか積極的に受けて、現実に起こる出来事を解釈した結果を変える行動を辛いとは思いますが、取ってほしいと思っています。

そんな僕なのですが、今の僕の主治医は、精神保健指定医ではありません。

だけど、僕には結構あっている先生です。

僕の主治医は、まだ、精神保健指定医ではないので、色々なことを経験したいのか病気の僕の意見も肯定的に聞いてくれます。
変に精神保健指定医で上から目線で診療されるよりも、僕にとっては診察が受けやすいです。

www.soukyoku.xyz

以前、上記のような記事を書いたのですが、僕は、あんまり女性から肯定された経験がないので、女性が苦手なのですが、今後は僕のことを肯定してくれる女性と積極的に会話などをしてさらに、自己肯定感を高めていければと思っています。

女性に対して最近あまり恋心を持たないのも、結局女性を相手にした時、僕の自己肯定感が低いから何でしょうね、きっと。